2019-04-16

【東京・池袋】VIVA LA BURGER (ビバラバーガー)の「チーズロワイヤルバーガー」

バーガーマニアのソムリエが作る絶品ハンバーガー!

かつて東京・練馬区でランチのみ間借り営業していた「VIVA LA BURGER (ビバラバーガー)」が、池袋に念願の固定店舗をオープン。今回は、4種類のチーズを贅沢に使った、チーズ好きにはたまらないハンバーガーを頂きました。

スポンサーリンク

今回頂いたのは「チーズロワイヤル」。塊肉からハンドチョップ。牛脂やつなぎにミンチ少し入れてパティの形に成形。ゴリゴリと肉の塊を噛みしめるような肉々しさ。食感は決して硬くなく、スッと歯で噛み切れる柔らかさとジューシーさを兼ね備えた、絶妙な食感。濃厚な肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。

バンズは、東京のグルメバーガー店のバンズを数多く手がける「峰屋」製。クラストはややハード。手触りはふんわり柔らかく、噛むともっちりと弾力のある食感。

「チーズロワイヤル」は4種類のチーズを使用。とろーりとろけるチーズソースはクリーミー。スモークチーズからは濃厚なコクとほんのり燻製の香りが広がります。さらにクリームチーズ。そして最後に別添えされたカリカリチーズ。こちらはハンバーガーに挟むも良し、ワインなどお酒のつまみとして頂くも良し。ソムリエの資格を持つ店主らしいこだわりが見え隠れします。

スポンサーリンク

池袋にニューオープン!お酒も楽しめるリッチバーガー専門店!

伺ったこの日(プレオープン中)は4種類のハンバーガーを提供。練馬時代のマンスリーバーガーが好評で、今や店名を冠した看板メニューとなった「ビバラバーガー」は、イタリア料理のローストポーク『ポルケッタ』を使用。

赤ワインで煮込んだイチジクとバニラバター、そしてゴルゴンゾーラチーズを挟んだ「イチジクの赤ワイン煮込みとバニラバターのハンバーガー」は、甘しょっぱい系。

「タルトゥーフォのハンバーガー」は、なんとトリュフを使用しているのだとか。どれもワインに合いそうな、オリジナリティ溢れるハンバーガー。

ゆくゆくはランチ営業をスタートし、その時はワカモレなど定番のハンバーガーも提供していきたいとの事でした。

ハンバーガー以外にも、前菜、サラダ、ナチョスなどの一品料理も用意。イタリア料理など様々なレストランで調理経験を持つオーナーが手がける料理は、他のハンバーガー店にはない工夫が。

例えばこのフライドポテト。ただのフライドポテトではなく、なんと発酵バターを染み込ませているのだとか。運ばれてくると同時に、バターの甘くて豊かな風味が広がります。

もちろん、お酒も数多く用意。夜はバーとしても楽しめそう。

「VIVA LA BURGER」があるのは、東京都豊島区。各線「池袋駅」西口から徒歩8分。レンガ調に黒を基調としたシックな佇まい。

席数は20席弱でしょうか。カウンター席、テーブル席、ソファー席をゆったり配置。レンガを積み見上げた壁面など、ほぼ店主自らDIYで作り上げたのだとか。

ハンバーガー万歳!VIVA LA BURGERの新たな出発に万歳!新年号「令和」のハンバーガーカルチャーを盛り上げてくれそうな、期待のお店です。

スポンサーリンク

VIVA LA BURGER (ビバラバーガー)

住所:東京都豊島区池袋2丁目59-5 公式Instagram:https://instagram.com/viva_la_burger *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

ほかのハンバーガーもチェック!

東海ハンバーガー協会厳選!ハンバーガーショップリスト

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本

ビバラバーガーハンバーガー / 池袋駅要町駅北池袋駅
夜総合点★★★★☆ 4.0

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!
スポンサーリンク




関連記事
まとめ / 特集

東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>
写真の無断使用について【警告】>