2018-05-03

tocoro burger (トコロバーガー)【岐阜県 / 中津川市】

岐阜県中津川市、JR「中津川駅」近く。2018年4月オープンしたハンバーガー専門店「tocoro burger (トコロバーガー)」

スポンサーリンク

店舗情報

7583623008_IMG_6426.JPG

.

住所:岐阜県中津川市太田町2-3-24 公式Instagram:https://www.instagram.com/tocoro_burger/ *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

7583660736_IMG_6421.JPG

.

JR中央線で名古屋から快速で約1時間強。「中津川駅」から徒歩3分、駅前に並ぶ通称「赤レンガビル」の一角にお店はあります。

7583947120_IMG_0503.JPG 7583668752_IMG_6433.JPG 7524888064_IMG_6430.JPG

.

道路に面した窓際と店内奥のキッチン前にカウンター席。他に2人がけ、4人がけのテーブル席があります。オーナー自らも内装を手がけた店内は、随所に木を使用した温もりを感じさせるおしゃれな空間。

今回頂いた「ベーコンチーズバーガー」の他、テリヤキソースやチリビーンズなど自家製ソースにこだわった11種類のハンバーガーを用意。

スポンサーリンク

①「ベーコンチーズバーガー」自家製ベーコンと自家製BBQソース、トコロバーガー自慢の一品!

パティはビーフ100%。肉の粒を噛みしめるような粗挽きさ。噛むほどに広がる肉汁。程よくスパイスを効かせ肉の旨みをしっかり引き立てます。パティに絡むのはチェダーチーズ。濃厚なコクと塩気は肉々しいパティと絶妙にマッチ。

ベーコンは自家製。薄くカットする事でパティとの噛み合わせにストレスを感じさない、絶妙な食感。1週間かけて丁寧に作られたベーコンはさっぱりした脂の甘みとコク、そして何より燻製の香りがすごい。メニュー表にも書かれてある通り、自家製ベーコンのスモーキーな香りがスーッと鼻を通り抜け、まさに記憶に残る味と香りで絶品です。

全体をまとめるのは自家製BBQソース。『BBQ味とは…』から始まったというソース作り。たどり着いたのは、スモーキーな香りが広がる濃厚な味わい。メニューの1つ「BBQバーガー」をオーダーすれば、肉の美味しさを引き立てる渾身のBBQソースの味わいを楽しむ事ができるでしょう。

バンズは、中津川市にあるベーカリー「PAPAN」謹製。提供前にオーブンで焼くことで程よく水分を飛ばし、表面はカリッと、噛むともっちり弾力のある食感。たっぷりの肉汁も吸い込み、ボリュームのあるトッピングをしっかり支えます。

丁寧に折り畳まれたレタス。美しくカットされたトマト、そしてグリルドオニオン。鮮やかな色合いにスラリと美しくそびえるハンバーガー。味だけでなく視覚にも訴えかけるその姿は、まさにグルメバーガーの素晴らしさのひとつです。

7583947120_IMG_0500.JPG

.

ハンバーガーに添えられたフライドポテトは、生のじゃがいもをポテトカッターでカットしフライにしているそう。ホクホクと優しい食感、じゃがいもの甘みが口いっぱいに広がり美味。

②「テリヤキバーガー」濃厚なコク、優しい甘さ、パティに合う絶妙な”コッテリ”さが美味!

7524856960_IMG_6436.JPG 7518558256_IMG_6446.JPG

.

無添加の醤油・味醂、未精製砂糖などを使用した、自家製テリヤキソース。熱々に温めたテリヤキソースをパティにたっぷり絡め野菜の上へ、マヨネーズをかけて完成。

7524874480_IMG_6445.JPG

.

濃厚なコクと優しい甘さ、さらにマヨネーズが合わさる事でいい感じに”コッテリ”と。パティの味を打ち消す事なく絶妙なマッチングです。

スポンサーリンク

③「チリビーンズバーガー」トマトの酸味と爽やかな辛さが食欲をそそる!

チリビーンズはサラサラ系で、バーガー袋に入れて手に持った瞬間、パティの上から雪崩のように流れ出てきてハンバーガー全体を覆います。

ここはぜひ、口の汚れは気にせずにガブリとひと口。トマトの風味と酸味が口の中に溢れ、さらに奥から挽肉から溢れる旨みとスパイスの香りがじわじわと広がります。まん丸な豆がゴロゴロ入っていて、食感も楽しませてくれるチリビーンズ。

辛すぎず、物足りなくもない、ちょうどいい辛さが食欲をそそる。自家製チリビーンズの美味しさを存分に味わいたい、tocoro burgerの「チリビーンズバーガー」です。

ハンバーガーのサイドにチョイスしたのは「プルドポークwithフレンチフライ」。生のじゃがいもをフライドポテトカッターでカットし揚げたtocoro burgerこだわりの「フレンチフライ」に、自家製のプルドポーク、さらにチェダーチーズを絡めた一品。

『関西の「プルドポーク戦争」に触発されて』試作を繰り返しているという、プルドポーク。肉の繊維一本一本がホロホロと柔らかくて、味もしっかり染み込んでいます。『納得いくものができれば「プルドポークバーガー」として提供したい』と意気込んでいたオーナーさん。完成が楽しみです。

④「プルドポークバーガー」自家製プルドポークたっぷり!グリルしたパイナップルとトマトが美味しさを引き立てる

2019年7月から新たにメニュー入りした「プルドポークバーガー」。tocoro burgerのプルドポークは、豚の塊肉を香味野菜やハーブ等とともにオーブンでじっくり火を通し、細かく引き裂いた(Pull)もの。提供前に鉄板でBBQソースと和えて、パティの上へ。肉の繊維一本一本にBBQソースが染み込み、濃厚な旨みもしっかり広がります。

ビーフ100%パティ、グリルしたトマトとチーズ、その上にプルドポーク。レタス・オニオンを挟まない分、パティの旨みが舌にダイレクトに伝わります

ゴリゴリと肉粒を噛みしめるような粗さのパティと、ホロホロと解けるように柔らかいプルドポークの食感のコントラストがおもしろいですね。

爽やかな甘さが広がるパイナップルと、とろけるようなジューシーさと程よい酸味が広がるトマト、これらがパティとプルドポークの美味しさを存分に引き立てるのです。

日本ではあまり聞き慣れない「プルドポーク」ですが、アメリカでは定番の料理。BBQソースやスパイスが効いた濃いめの味ですが脂は少ないので、パティと合わせても重たくなくガッツリ食べる事ができます。

⑤「ミソチーズバーガー」麹味噌と地元産バナナピーマンを使用、旨辛なミソバーガー!

パティとともにチェダーチーズで包み込まれた“ミソ”には麹味噌と、細かく刻んだバナナピーマンを使用。

『麹味噌』とは、麦や豆を使った麹から作られた味噌のこと。ちなみに一般的な味噌は、米麹を使った米味噌なのだそう。

『バナナピーマン』の名はバナナに似た形からきているそうだが、実は唐辛子の一種。それほど辛くはないものの、濃厚な味噌の風味の向こうからピリリと程よい辛さが広がり、いいアクセント。

パティはビーフ100%。食感は、ゴリゴリと肉粒を噛みしめるような粗さ。噛むほどに広がる濃厚な肉の旨みと肉汁が、先ほどの“ミソ”と合わさる事でそれぞれの美味しさがより引き立つ、まるで食材同士が化学反応を起こすようなのです。

トコロバーガーハンバーガー / 中津川駅
昼総合点★★★★ 4.0

Instagram

準備中…

スポンサーリンク



関連記事