2018-01-25

【名駅】Paris Burgerの「シャラン産鴨もも肉のコンフィバーガー」

フランス料理をバンズに挟む!?テレビでも話題の「フレンチバーガー」

「Paris Burger (パリスバーガー)」は、フランス料理の食材や技法を生かしたフレンチバーガー専門店。今回頂いたのはパリスバーガーで人気NO.1の「シャラン産鴨もも肉のコンフィバーガー」

※Paris Burgerは閉店しました

スポンサーリンク

IMG_6020.JPG IMG_6017.JPG

 

コンフィとは、低温の油でじっくり加熱する事で保存性が高まり肉を柔らかくしっとりジューシーに仕上げる、フランス発祥の調理法。フランス・シャラン産の鴨肉をコンフィにし、食べやすくほぐしてトッピング。

パティは牛・豚の合挽きを使用。毎朝店の向かいにある柳橋市場で仕入れた新鮮な肉を使うのが、パリスバーガーのこだわり。まるでハンバーグのようにふっくら柔らかく、かなりの量の肉汁が口の中いっぱいに溢れ出てきます。これまで食べ歩いてきたグルメバーガー店の中でも1、2を争う肉汁の多さ!
そんな肉汁と肉の旨みがたっぷり広がるパティに、鴨肉のコンフィの旨みが絶妙にマッチ。ししとうの苦味、きのこの旨みが、それぞれバランスよく主張し引き立てます。

ソースは3種類。ケッパー・ピクルス・フォンドボーなどを使ったシャスソース粒マスタードとコンソメジュレのソース辛子とマヨネーズをブレンドしたソースは、ヒールバンズに。見た目には目立たないソースですが鴨肉やパティやその他の食材の美味しさを引き立てまとめる、まさに影の立役者。

ロースト用の鴨肉を食べる事に関して、国民1人あたりの量はフランスが世界一なのだそう。そんな鴨肉の中でも、フランスでは質が良いとされている「シャラン産」の鴨肉を贅沢に使ったハンバーガーは、食材の相性やバランスにこだわるパリスバーガーの魅力がわかる人気NO.1にふさわしい一品。初訪問の方にもぜひおすすめです。

スポンサーリンク

フランス・パリの街角にありそうな小さなハンバーガーショップ

IMG_6008.JPG IMG_2369.JPG

 

「Paris Burger」は「名古屋駅」から徒歩10分、地下鉄桜通線「国際センター駅」から徒歩5分。柳橋交差点から東へ進んだ江川線沿いにお店はあります。

IMG_6011.JPGIMG_6023.JPG

 

他店のグルメバーガー店とは一線を画す「フレンチバーガー」というハンバーガースタイルが人気を呼び、テレビや雑誌でも数多く紹介されている人気店。今回ご紹介したハンバーガー以外にも、フォアグラやエスカルゴなど、フランス料理の王道である食材を贅沢に使い、まるでフランス料理をそのままバンズに挟んだような本格的なフレンチバーガーを気軽に頂くことができます。

IMG_2366.JPG

 

フランスパリの街角にあるハンバーガー屋さんをイメージした、小さくてかわいらしいお店。イートインは4席のみですが、だからこそお客さん同士やお店のスタッフさんとの距離が近くてアットホームな雰囲気が素敵です。

近くでおすすめ!

【名駅】WAVES BURGER 名駅店の「ベーコンチーズバーガー」

【円頓寺】THE CORNERの「テリヤキエッグバーガー」

【伏見】Midtown BBQの「BBQベーコンチーズバーガー」

【伏見】BEER PUB BRICK LANEの「チーズバーガー」

スポンサーリンク

Paris Burger

閉店しました

ハンバーガー情報はこの本でチェック!

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!
follow




関連記事
保存版!まとめ記事をチェック!
東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>