2019-04-03

【大阪・豊中】NICK&RENEEの期間限定「マカロニウエスタンバーガー」

ネーミングはイタリアの西部劇『マカロニウェスタン』から!マカロニの入ってないイタリアンバーガー

北大阪急行「桃山台駅」または阪急宝塚線「豊中駅」からバスで「東豊中団地前」下車、徒歩10分。大阪府豊中市にある「NICK&RENEE (ニックアンドレネイ)」。今回は、デンマーク産モザレラチーズを絡めたパティに自家製トマトソースをたっぷりのせた、イタリアンテイストな新作バーガーを頂きました。

スポンサーリンク

今回頂いたのは「マカロニウェスタンバーガー」。『マカロニウェスタン』とは、1960年代前半からイタリアの映画製作者が主にスペインの荒野で撮影した西部劇の総称。チープなニセモノ西部劇を少々バカにした気分で命名されたとも言われてるのだとか。当時の日本ではイタリア料理といえばまだマカロニサラダぐらいしか馴染みがなく、パスタなどという呼び方は誰も知らなかった時代。

「マカロニウェスタンバーガー」の名が付けられたのは、映画好きの店主林さんだからこそ。決して「マカロニ」が入っている訳ではないので、悪しからず。

直火グリルで焼き上げた、国産の黒毛和牛100%パティ。熱々の肉汁とともに、濃厚な肉の旨みが口の中に広がります。パティに絡むのは、イタリアが発祥とされているモザレラチーズ。今回使用しているのは、デンマーク産。とろーり伸びる食感、ストレートに広がる牛乳の風味。クリーミーなモザレラチーズがパティの美味しさを包み込むよう。

自家製のトマトソースで、マッシュルームなどのキノコを軽くソテーし、パティの上へ。トマトの酸味が効いたさっぱりとした味わい。キノコの風味や食感もしっかり。オリーブの実がいいアクセント。

スポンサーリンク

『面白ければそれでいいじゃないか』の精神で作られた娯楽アクション映画の元祖。イタリアの西部劇『マカロニウェスタン』のように、アメリカ発祥のハンバーガーに、イタリア料理をうまく融合。

映画好きにはわかる、ユーモアあるネーミングに秘められた思い。マカロニが入っていない「マカロニウェスタンバーガー」ぜひ味わってみて下さい。

スポンサーリンク

NICK&RENEE (ニックアンドレネイ)

住所:大阪府豊中市東豊中町6-1-11 公式HP:http://nickandrenee.boo.jp/ *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

ほかのハンバーガーもチェック!

東海ハンバーガー協会厳選!ハンバーガーショップリスト

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!

スポンサーリンク



関連記事
開催中のイベント

まとめ / 特集

東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>
写真の無断使用について【警告】>