写真の無断使用について

いつも東海ハンバーガー協会「HAMBURGER WORLD」をご覧頂きまして、ありがとうございます!

最近、非常に残念なことに**当ブログやInstagramの写真を無断で使用している**のを見かけるようになりました。

写真の無断使用は犯罪です

写真の無断使用は、著作権の侵害であり、法的に罰せられる立派な犯罪です。

もし当ブログやInstagramの写真を使用したい場合は使用許可の連絡を下さい。写真を使用して頂くことはとても光栄な事ですので喜んで許可させて頂きます。使用料を頂くつもりもございません。

ただし許可なく無断使用されている場合、今後は警告します。場合によっては損害賠償を請求する事もあります。

引用と転用の違い

ここで1点、多くの人が誤解されているのが「引用」と「転用」の違い。引用の場合は違法ではありません。では、どういった時に違法となるのでしょうか。Instagramを例にいくつかのパターンをみてみましょう。

①他人の画像を保存して、自分のアカウントに投稿

完全にアウト。画像を加工して投稿しても著作権侵害です。

②リポスト・リグラムする

Instagramで他人の投稿を自分のアカウントでシェアすることを「リポスト」といいます。リポスト専用のアプリを使った場合、リポストした事がわかるマークが表示されます。

これにより転用ではなく「引用」であると言う事がわかるので、違法ではありません。

リポスト元の投稿のキャプションもそのまま入れたり、リポストしてよいかどうか許可を取るとさらに安心です。

著作権を侵害しないために

SNSやサイト上で気に入った画像を個人的にスマホなどに保存するのは法律上問題はありません。

ただしそれを不特定多数の人の目に触れる可能性がある場所で利用すると、違反になってしまいます。

どうしても他人の著作物(写真など)を利用したい場合は、必ず許可を取り、決められたルールの中で利用するようにしましょう。