2018-12-27

【東京・代々木】クリバーガーの「キンザンジミソバーガー」

和歌山県の特産品「金山寺味噌」を使用!オリジナリティ溢れるハンバーガー!

今年7月、東京・千駄ヶ谷にオープンした「クリバーガー」。店主の出身地である和歌山県の特産品「金山寺味噌」を使ったオリジナリティ溢れるハンバーガーを頂きました。

スポンサーリンク

7529065088_IMG_6503.JPG7529061008_IMG_6516.JPG7529063552_IMG_6508.JPG

 

今回頂いたのは「キンザンジミソバーガー」に焼きナスを追加トッピング。パティはビーフ100%。噛み締めるような肉粒感と肉汁が溢れるジューシー感。塩胡椒でしっかり味付けし、肉の旨みをしっかり引き立てます。

金山寺味噌は普通の味噌とは少し違い、大豆・米・麦の他、野菜等から作られるのが特徴。調味料としてではなく、おかずや酒のあてとしてそのまま食べるのが一般的。パティと焼きナスの間にたっぷり塗られた金山寺味噌。コクと甘さが濃厚ですが、肉の旨みがしっかりしているので味のバランスは絶妙。甘くて柔らかい焼きナスの相性も抜群。
バンズは、店の近くにあるベーカリーで特注。ふわっと柔らかくかなりもっちりとしていて弾力強めの食感。

7529060528_IMG_6520.JPG7529059184_IMG_6515.JPG

 

「金山寺味噌」の歴史は古く、鎌倉時代に中国から伝わったのだとか。歴史ある伝統食材が現代のグルメバーガーと見事に融合した和風テイストのハンバーガーです。

スポンサーリンク

個性的なハンバーガーが豊富!昭和レトロな雰囲気にこだわったかわいい空間!

7529055680_IMG_6543.JPG7529046848_IMG_6539.JPG

 

「クリバーガー」があるのは、渋谷区千駄ヶ谷。JR「代々木駅」もしくは東京メトロ「北参道駅」が最寄り。表側も裏側も「クリバーガー」の看板が目印。一見半地下でわかりにくそうですが、看板のインパクトが強いので迷うことはなさそう。

7529051888_IMG_6538.JPG7594074496_IMG_6532.JPG7529046416_IMG_6493.JPG7529040176_IMG_6491.JPG7529050256_IMG_6533.JPG

 

扉を開けると両側に並ぶカウンター席、奥がキッチン。所狭しと並べられた昭和の雑貨。カウンターと窓枠の間のタイルもレトロでおしゃれ!ドリンクの器一つとっても昭和レトロにこだわったかわいい空間。

7594074736_IMG_6490.JPG

 

ハンバーガーは11種類。チーズはレッドチェダーやモッツァレラなどがありますが、お店のおすすめはドイツ生まれのマイルドな「ステッペンチーズ」。
ジャガイモとニンジンを揚げた「パリパリバーガー」や、たっぷりのフルーツで煮込んだオリジナルソースの「テリヤキバーガー」といった、定番のハンバーガーをひと捻りしお店の個性を引き出しているのが印象的です。

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本を紹介しています>

スポンサーリンク

クリバーガー

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目30-6 エビデンワビルB1 公式HP:https://instagram.com/kuriburger *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!
スポンサーリンク




関連記事
まとめ / 特集

東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>
写真の無断使用について【警告】>