2020-03-12

KAKUOZAN LARDER (カクオウザンラーダー)【愛知県 / 名古屋市・覚王山】

地下鉄「覚王山駅」近くにある「KAKUOZAN LARDER (カクオウザンラーダー)」が2020年2月にリニューアル。ほぼ倍の広さに増床、ハンバーガーなどフードだけでなく、新しいカルチャーを発信し続けているお店です。

店舗情報

住所:愛知県名古屋市千種区覚王山通9-14 公式Instagram:https://instagram.com/kakuozan_larder *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

スポンサーリンク

2020年で8年目を迎えるカクオウザンラーダー。

今回2度目となるリニューアルで、隣にあった元「喫茶 桂」まで増床し、これまで8坪だった敷地が2倍の広さに。店主自ら手がけた改装工事で、店を隔てていた壁は見事に撤去。

ハンバーガーやチキンオーバーライスなどアメリカンスタイルフードを提供するだけでなく、定期的に開催するライブ、ギャラリー展示、台湾フードイベントなど、覚王山から新しいカルチャーを発信し続けているKAKUOZAN LARDER。


カルチャーの影響力と同じように広がったKAKUOZAN LARDERのPHASE3(第3章)。どんなワクワクが待っているのか、楽しみで仕方がない!

スポンサーリンク

①「マッシュルームベーコンチーズバーガー」マッシュルームの存在感がすごい!キノコ好きにはたまらないハンバーガー

メニュー表にある「マッシュルームチーズバーガー」にベーコンを追加トッピング。

ハンバーガーは、これまでのお皿から「トレー」にのせるスタイルに。

オーブンで焼く事でカロリーオフ、だけど盛り盛りでボリューム満点の「オーブンポテト」や、さっぱり酸味の効いた「コールスロー」といった付け合わせはそのまま。

肉汁溢れるジューシー感がたまらなくうまいビーフ100%パティ。肉厚にカットされたベーコンとともに、肉々しさが存分に味わえます。

写真からもわかる通り、このマッシュルームの存在感。キノコ好きにはたまらない!

『むにゅ、むにゅ』とインパクトのある食感が楽しめるだけでなく、マッシュルームの風味も口の中いっぱいに広がります。

トマトは2枚、たっぷり重ねたレタス。肉々しさだけでなく野菜もしっかり挟む事で、最後まで重たさを感じる事なくペロリと食べられます。

バンズは、名東区にあるベーカリー「baguette rabbit」製。ハンバーガーではめずらしい、ハードな系の焼き上がり。
ですが、決して噛み切りにくい訳ではなく、表面はカリっと軽く、中はまるでフランスパンのようなもっちり食感。
ボリュームのあるトッピングやパティから溢れる肉汁を、最後のひと口までしっかり支えてくれる。カクオウザンラーダーのハンバーガーの、影の立役者なのです。

スポンサーリンク

②「カレーバーガー」カレーソースをぶっかける!?ハンバーガーの概念を覆す新感覚バーガー

『ハンバーガーの上からソースをかける』そんなハンバーガーの常識を覆す新感覚なハンバーガーを、私は「ウェット系バーガー」と呼んでいます。今回頂いたのは、ハンバーガーの上から特製カレーソースをたっぷりかけた「カレーバーガー」

KAKUOZAN LARDERにはカレーを使ったメニューは他にありません。つまりこの「カレーバーガー」だけのために作られたカレーソース。辛さは控えめ。スパイシーな香りに加えて、酸味がかなり効いているのでパティに負けないパンチの強さ。パティはビーフ100%。ぷりっと弾力のある食感。濃厚なカレーの味に負けない肉々しい旨み。

レタスは無し。パティにチーズを絡め、パイナップル、そしてトマトが2枚。どちらも甘酸っぱくジューシーな果肉が、酸味が効いたカレーソースとマッチ。

「baguette rabbit (バゲットラビット)」製のバンズ。特にバゲットに定評のあるお店が手がけたバンズは、表面はパリッと中はもっちり食感のハード系。たっぷりカレーをかけても食べ終わりまで潰れないのはハード系バンズだからこそ。まさにウェット系バーガーにふさわしいバンズ。

お皿の上のカレーソースは、オーブンで焼き上げたポテトに付けて残さず完食。衝撃的なビジュアルと美味しさにハマること間違いなしです。

③「自家製サルサパイナップルチーズバーガー」暑い季節はこれで決まり!さっぱり爽やかなサルサ&パイナップル

メニュー表の「自家製サルサチーズバーガー」にパイナップルを追加でトッピング。

自家製サルサはトマトの酸味にハラペーニョの辛さが効いていて、さっぱり爽やか。さらにパイナップルの甘さが合わさる事で、甘辛酸がバランスよく広がります

ずっしりとボリュームのあるハンバーガーを、名東区にあるバゲットラビット製のハード系バンズが支えます。サルサの水分や肉汁も逃さずしっかり吸い込み、最後までヘタることもありません。

別添えのサルサを“追いサルサ“しながら、ビーフ100%の肉々しいパティも最後までさっぱりと頂ける。これからの暑い季節にもぴったりなハンバーガーです。

Instagram

準備中…

スポンサーリンク



関連記事