2019-03-18

【岡崎】JANTIQUEの「ジャンティークバーガー」

ビーフ100%肉々しいパティをマッシュポテトが優しく包み込む!

県道26号岡崎環状線沿い。岡崎市井田町にある「JANTIQUE (ジャンティーク)」。今回頂いたのは、ビーフ100%パティとマッシュポテトが相性抜群。店名を冠した「ジャンティークバーガー」を頂きました。

スポンサーリンク

今回頂いたのは「ジャンティークバーガー」。パティはビーフ100%。ギュッと噛みしめるような肉々しい食感。塩胡椒でしっかり味付け。噛むほどに濃厚な肉の旨みが広がります。

「ジャンティークバーガー」は、ハンバーガーとマッシュポテトの組み合わせが特徴。以前お店では「ステーキ」も提供されていたそうで、その付け合わせとして出していたマッシュポテトが肉とよく合う事から『ハンバーガーにマッシュポテトも合うのでは?』という発想が生まれ出来上がったのだそう。クリーミーで滑らかなマッシュポテトが、パティを優しく包み込むようなイメージ。トマトソースが味のアクセント。

バンズは、岡崎市にある「ラヴィドゥパン」で生地まで作ってもらい、それを店内で発酵し焼き上げているそう。卵・牛乳・バターは不使用。控えめな存在感で肉の味を引き立てつつ、しっかりしたクラストとふわもちな食感で、ボリュームのあるトッピングをしっかり支えます。口溶けもよく後に残らないので、味や食感のバランスも良好。

肉々しいパティに、マッシュポテトとオニオンの甘みがマッチ。マッシュポテトが優しく包み込むようなイメージで、食べやすく、満足感もあるハンバーガーです。

ハンバーガーは11種類。3種類のチーズとハチミツの「ハニーチーズバーガー」や、熱々のチーズソースをハンバーガーの上からたっぷりかける「チーズシャワーバーガー」など、チーズの組み合わせにこだわったハンバーガーが多いのが特徴。

スポンサーリンク

赤いコンテナが目印!DIYで作られたおしゃれな空間!

「JANTIQUE」があるのは、愛知県岡崎市井田町。名鉄「東岡崎駅」からバスで「井田」下車し、徒歩10分。県道26号岡崎環状線沿い。

建物のように見えるコレは、なんとコンテナ。タテにヨコにコンテナを積み重ねてできた小さな『街』の一角。

木を多用して作られた暖かみのある外観と店内。そのほとんどが店主によるDIYなのだそう。

テーブル席、ソファー席、キッチン前にはカウンター席。コンパクトな店内ですが、席間が広く取られているので、圧迫感はありません。落ち着いた空間でゆったり過ごせる。雰囲気の良さも魅力です。

スポンサーリンク

JANTIQUE (ジャンティーク)

愛知県岡崎市井田町3-23 公式Instagram:https://instagram.com/cafe_and_diner_jantique *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

東海ハンバーガー協会厳選!ハンバーガーショップリスト

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本

カフェ&ダイナー ジャンティークハンバーガー / 北岡崎駅大門駅
昼総合点★★★★☆ 4.0

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!

スポンサーリンク



関連記事
開催中のイベント

まとめ / 特集

東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>
写真の無断使用について【警告】>