2019-10-06

DOUG’S BURGER (ダグズバーガー)名古屋店【名古屋市・千種区池下】

沖縄・宮古島発のハンバーガーショップ「DOUG’S BURGER (ダグズバーガー)」が、千種区池下にオープン。

店舗情報

地下鉄東山線「池下駅」西出口から徒歩2分の錦通沿い

住所:愛知県名古屋市千種区池下1丁目10−4 第54 プロスパービル 1F 公式HP:http://www.dougsburger.com/ *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

スポンサーリンク

ハンバーガーは19種類。多良間牛を使用したハンバーガーの他に、宮古島産のキハダマグロを使用した「ダグズツナステーキバーガー」もおすすめのひとつ。

DOUG’S BURGERは2011年に沖縄・宮古島にオープンし、今や宮古島観光の定番スポットなのだとか。さらに石垣島・博多・広島などにも店舗展開し、ここ名古屋は6店舗目となります。

スポンサーリンク

①「ダグズノーベジチーズバーガー LAVAチーズアップグレード」創業者のダグ氏おすすめ!パティ・チーズ・バンズのみのシンプルなハンバーガー

『LAVAアップグレード』とは、通常のチーズから4種のチーズ(チェダー・ゴーダ・エメンタール・モッツァレラ)にアップグレード。そして『ノーベジ(no vegetable)』という事で野菜はなし、パティ・チーズをバンズで挟んだシンプルなスタイル。

パティに使用される『多良間牛』は、宮古列島の多良間島で生産された黒毛和牛の事。ちなみに”多良間牛”はダグズバーガーの登録商標との事で、多良間牛の名前では一般には流通していないのかも。

パティの味付けは極々シンプルで、スパイスや塩気などは感じられないのは好印象。『余計な味付けはせず、肉本来の旨みを味わってもらいたい』という思いが強く伝わります。

キッチンを見ると焼成にスチームコンベクションを使用しているよう。スチコンを使いパティの中に肉汁を閉じ込めることで、ひと口目から肉汁がじわーっと口の中に溢れます

肉汁は上品な甘みがあり、肉の旨みも濃厚。4種類のチーズはLAVA(溶岩)の名の通り、パティから流れ出すようにたっぷり。チーズの味わいにクセはなく、コクとクリーミーさで肉の美味しさを引き立てるのです。

バンズは天然酵母を使用。ふんわり柔らかく噛むともっちり。甘みもあって、バンズだけでも美味しく頂けそう。

ソースにはケチャップと和辛子。どちらもベチャっと付いている訳ではなく、肉を引き立てる程度に”薄い”味付け。印象としては、これぐらいで十分。

スポンサーリンク

どのハンバーガーもセットにすると、ドリンクとサイドメニューがチョイスできます。

ダグズバーガーのおすすめは「オニオンリング」。サクサクで薄い衣の中に、オニオンの甘みと水分がしっかり閉じ込められています。隠し味に和風出汁を使用する事で”うまみ”が感じられ、ボリュームも十分です。

Instagram

準備中…

スポンサーリンク



関連記事