2019-09-10

【神戸・北区】DAKOTA RUSTIC TABLE (ダコタラスティックテーブル)の期間限定「キックアスプルドポークバーガー」

本場アメリカのLOW&SLOWスタイルを忠実に再現した最高(KICK-ASS)のプルドポーク!

中国道「神戸三田IC」から車で約10分。神戸三宮または三田駅から神姫バスで「宅原」下車徒歩12分。神戸市北区にある「DAKOTA RUSTIC TABLE (ダコタラスティックテーブル)」。今回は、炭火で半日以上かけてゆっくりと火入れし、本場アメリカのBBQスタイルを忠実に再現した「プルドポークバーガー」を頂きました。

スポンサーリンク

今回頂いたのは「キックアス プルドポークバーガー」。DAKOTA RUSTIC TABLEでは肩ロースの部位を使用。ドライラブを擦り込んだ塊肉を低温で長時間、炭火で間接的に火を入れながら調理。強火の炭火で肉を焼く日本のBBQとは違い、LOW&SLOWと呼ばれるスタイルこそが、本場アメリカでは一般的なBBQなのです。

プルドポークは提供前に甘くてスパイシーなBBQソースと和えて、さらにヒールにはコールスローをトッピング。

完成まで半日以上かけて低温でゆっくり火を入れたプルドポークは、しっとりとした食感とホロホロと解けるような柔らかさ。そして何より一口目から感動させてくれるのが、濃厚な旨み。豚肉本来の旨みが凝縮されたような濃厚な味わいは、LOW&SLOWスタイルで作られたダコタのプルドポークだからこその美味しさ。

柔らかな食感のプルドポークは、がっしりハード系のバンズともマッチ。食感のコントラストが楽しめるだけでなく、プルドポークをしっかりまとめて支えてくれる役割。

途中、別添えされたハラペーニョを投入。こちらは香川県産の採れたてのハラペーニョをピクルスに。ヒリヒリと刺激的な辛さだけでなく、シャキシャキとした食感と強い香りは国産の採れたてのものだからこそ。

ピクルスやトウモロコシは、箸休め的な存在。130gのプルドポークも、最後まで飽きる事なくあっという間に完食です。まさに『KICK-ASS』最高のプルドポークバーガーです。

スポンサーリンク

DAKOTA RUSTIC TABLEの「キックアス プルドポークバーガー」は、関西プルポ戦争の期間中(10月31日まで)の期間限定。

仕込める量の関係で1日10~15食の提供数との事なので、どうしても食べたい方はオープンと同時に訪れるのがおすすめです。

10月31日まで開催中のスタンプラリー企画『関西プルポ戦争』

DAKOTA RUSTIC TABLE (ダコタラスティックテーブル)

住所:兵庫県神戸市北区長尾町宅原707-1 公式HP:https://dakota-rt.com/ *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

スポンサーリンク

ほかのハンバーガーもチェック!

東海ハンバーガー協会厳選!ハンバーガーショップリスト

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本

写真の無断使用について【警告】

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!

スポンサーリンク



関連記事
開催中のイベント

まとめ / 特集

東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>
写真の無断使用について【警告】>