2019-01-23

【東京・四ツ谷】CRUZ BURGERSの期間限定「FAT WRECK CHORDS (ファットレックコーズ)」

パティ・プルドポーク・ベーコン!3種類の肉が美味しさの相乗効果を発揮する!

JR・地下鉄「四ツ谷駅」から徒歩5分。東京都新宿区にある「CRUZ BURGERS (クルズバーガーズ)」。今回は特別に、かつて期間限定で登場したハンバーガーを復刻。パティ・自家製ベーコン・自家製プルドポークが一度に味わえるボリューム満点重量級のハンバーガーです。

スポンサーリンク

今回頂いたハンバーガー。メニュー名は「FAT WRECK CHORDS (ファットレックコーズ)」。NOFXを中心に多数のバンドが在籍するアメリカのパンクレーベル「FAT WRECK CHORDS」のドキュメンタリー映画「A FAT WRECK」の公開記念として2018年2月に期間限定で販売されたハンバーガーを、今回特別に作って頂きました。

パティはビーフ100%。挽肉ではなく、塊肉からトリミング、包丁で手切りしパティに成形したハンドチョップパティは、東京を中心にグルメバーガーの新しいトレンド。溶岩石のチャコールグリルで焼き上げる事で、肉粒を噛みしめるような肉々しい食感とともにふっくらとジューシーさが感じられるのが印象的。赤身が中心なので肉汁は程よい量。後味もさっぱり。もちろん濃厚な肉の旨みは口の中にしっかり広がります。

CRUZ BURGERSでは単品やサンドイッチで提供されている自家製プルドポーク。プルドポークとは、長時間かけてじっくり焼いた豚の塊肉をPull(引き裂く、むしる)しBBQソースを絡めた、アメリカでは定番の料理。肉の繊維一本一本までしっかり味が染み込んだプルドポーク。口の中で肉の繊維がホロホロと解けるような食感。

自家製ベーコンは、バランスを考えて、レギュラーの「ベーコンチーズバーガー」より多めにトッピング。カリッと強めの焼き加減で、ハンドチョップパティとも相性抜群。3種類の肉の中でも燻製の香りが埋もれる事なく、存在感を発揮しています。

スポンサーリンク

パティ・プルドポーク・ベーコンと3種類の肉が合わさることで、美味しさの相乗効果を発揮。そしてコールスローとトマトの酸味が全体をうまくまとめてくれる。ハンバーガーとしてのバランスも計算された究極の肉on肉on肉バーガー。

メニューに『一度食べたらまた食べたくなってしまうはず』とある通り、すでに食べたくて仕方がない!

これを読めばハンバーガーが好きになる!おすすめハンバーガー本を紹介しています>

ほかのハンバーガーもチェック!

スポンサーリンク

CRUZ BURGERS

住所:東京都新宿区三栄町6 小椋ビル 1F 公式Instagram:https://www.instagram.com/cruzburgers/ *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

この記事をシェアする!
HAMBURGER WORLDをフォローする!




関連記事
保存版!まとめ記事をチェック!
東海ハンバーガー協会について


masa(東海ハンバーガー協会会長・西日本ハンバーガー協会理事)

東海ハンバーガー協会の活動目的は『グルメバーガー』『ご当地バーガー』のさらなる発展や活性化のお手伝い。ブログやFacebookを通じての情報発信やイベント参加・企画など、様々な活動に取り組んでいます。さらに詳しく>

Follow Me
Instagram | Facebook | Twitter | Feedly
お問い合わせ>
プライバシーポリシー>