2019-09-20

日本で唯一の生き残り!兵庫県豊岡市の「バーガーシティ」へ行ってきました

「バーガーシティ」と聞いて、懐かしいと思う人も多いはず。本部はすでに倒産し今や幻のハンバーガーチェーン店ですが、唯一生き残ったお店が兵庫県豊岡市で今も元気に営業しているのです。

店舗情報

住所:兵庫県豊岡市日高町日置22-13 公式Instagram:https://instagram.com/burgercity_toyooka *営業時間・定休日は公式情報をご確認下さい

スポンサーリンク

JR山陰線「江原駅」から徒歩すぐ。東口から出て左へ、バスロータリーを抜けると見えてくる緑の看板。これが日本で唯一となった「バーガーシティ サンロード店」

ところで「バーガーシティ」についてさらに詳しくWikipediaで調べてみました。

かつて日本にあった中堅ハンバーガーチェーン店である。本社は大阪府豊中市に所在していた。主として近畿地方を中心に鉄道駅駅前や、テナントビル内などにおいて展開。1980年代前半~半ばにかけて急成長した。特にハンバーガー1個100円という超格安で販売したことで更なる注目を集め、全盛期には「百円満点、バーガーシティ」というキャッチフレーズを入れたテレビCMも積極的に放映していた。

しかし、1990年代に入り、大手ハンバーガーチェーン店(特にマクドナルド)がミニ店舗(主にスーパー店内)やロードサイド店舗を積極的に出店、コンビニエンスストアとの競合激化、さらには円高・デフレによる大手の値下げ攻勢などで、価格・サービス面で大手に対抗できなくなり経営が悪化、最終的に倒産に至った。

倒産後も個人経営というカタチで残ったのがここ豊岡のバーガーシティと、大阪・堺市の「白鷺駅前店」の2店舗。

しかし残念ながら、堺市のお店は2018年末頃に閉店。現在は豊岡のバーガーシティが日本で唯一となったのです。

お店はレトロ、支払い方法は最先端

話を、江原駅前にある「バーガーシティ」に戻して。

ハンバーガー、フライドポテトとのぼりがある中、今流行りの「タピオカ」も取り扱っているよう。

レジには電子マネー、PayPay、LINE Payなどなど…。まさに時代を先取りしているかのような充実ぶり。

壁にはメニューがぎっしり。一体何種類あるのでしょうか。おそらく、写真の左側は創業当時からの「バーガーシティ」のメニュー。右側はお店独自のオリジナルメニューかと。

▲おそらくこちらが創業当時からのメニュー

▲こちらは豊岡のバーガーシティ、オリジナルかと思われる

当時、バーガーシティは小スペースでも開業できることを謳っていたこともあり、店内が非常に狭いという店舗が多かったのだそう。

ここ豊岡市のお店もイートインスペースはなく、接客カウンターがあるのみ。基本的にテイクアウトがメインのようですが、店内の“丸椅子”でも頂くことは可能との事でした。

スポンサーリンク

創業から変わらない味と、時代に合わせた新しさ

いよいよお待ちかね。日本唯一の「バーガーシティ」のハンバーガーをいただきます!

まずは、オープン当時から不動の人気メニュー「テリヤキチキンバーガー」

「バーガーシティ」のハンバーガーはすべてオーダーが入ってから作られるので、どれもできたて熱々。

分厚いチキンはとっても柔らかくてジューシー。醤油風味の濃厚なテリヤキソースが、チキンの中までしっかり染み込んでいます。こってり甘いマヨネーズとも相性抜群。

続いてはオリジナルメニューから「しょうが焼きバーガー」

豊岡市のお隣、養父市八鹿町のブランド豚『おだがきさん家の八鹿豚』を使用したしょうが焼きをサンド。

肉の旨みはもちろん、脂の部分が甘くて美味。生姜の香りも食欲をそそります。こちらはおそらく辛子マヨネーズでしょうか、辛さがいいアクセント。

この八鹿豚の「しょうが焼きバーガー」以外に、豊岡特産の栃の実を蒸して餅に混ぜこんだ“栃餅”とパティ・海苔を挟んだ「栃の実バーガー」。養父の人気イタリアンレストランのジェノベーゼソースとトマトソース、そして“朝倉山椒”を挟んだ「ボーノプラス」と、地産地消のいわゆる『ご当地バーガー』も積極的に取り入れているのは、豊岡のバーガーシティが地域に根挿している証拠。

スポンサーリンク

地域に根ざして、地域に愛されている『我がふるさとのハンバーガー』

ひっきりなしにやってくるお客さん、テイクアウトの電話、お忙しいそうだったのでお店の方に話を伺うことはできませんでしたが、地元の人に愛され親しまれているお店なんだという事は、凄くよくわかりました。

『100円満点バーガーシティ』『本部夜逃げもなんのその』『バーガーシティは日本でここだけ』

当時を知る人には懐かしい、知らない人にはレトロで新鮮なハンバーガーショップ。ぜひ豊岡の「バーガーシティ」へ行ってみては。

Instagram

準備中…

スポンサーリンク



関連記事